新作のご案内もせずに、近ごろ時間を割いているのがパターンの最終チェックのお仕事。
当店の業務とは別に、外部の企業さんからアウトソーシングでご依頼頂いている業務です。

パターンのお仕事というのは世間一般的にはあまり表に出てくることがないので、馴染みのない方の方が多いのではと思います。
パターンといえばパタンナー。企業のパタンナーさんって本当に表に出てこないのよねぇ。パターンというのは企業秘密の宝庫なので、当然その詳しい業務内容が外部に出てくる事はほとんどないと思います。
私のところに送られてきたパターンデータも、チェックが終われば全て破棄しています。

それはさておき、私が請け負っている業務はパターン作成ではありません。私のところには「出来上がったパターン」と「仕様書」がデータで届き、それらの内容の最終チェックをする仕事です。

パターンは仕様や縫い代・合印等々記載事項に抜けがないかどうか、パターン上で指示された仕様通りに縫合してきちんと完成するのかどうか。特に複雑な仕様の場合等は整合性が取れないなんてこともままあります。
こういうのはパタンナーさんが実際に縫える人なのかどうかで完成度がだいぶ変わるなぁという印象です。
あとは本当に稀ですが縫い代寸法が前後身頃で違っていたり、付け忘れるなんてことも。こういうのは本当に単純な見落としなのですが、もしもそのまま工場さんが気付かずに裁断しちゃったらもうアウトな訳ですよ。
もちろん1着や2着な訳が無いので、一歩間違えば大損害が起きることもあります。
だからこそ、血眼になってチェックする訳です。

一方仕様書は主に生産管理部門のお仕事ですね。こちらはデザイン画とパターン、事前の打ち合わせやトワルチェックを元に必要な資材を割り出し仕様書に細かく記載していきます。加えて仕上がり寸法や細部の仕様、例えば各所の縫い代は割るのか倒すのか、倒すのであればどちらに倒すのか等、ステッチの幅からボタンの付け方や商品タグ付け位置まで事細かく指示を書き込んでいきます。

どこか1社の縫製工場さんに丸投げする時は、必要最低限の指示を入れてあとはお任せという場合もありますが、それだと複数の職人や工場に依頼する場合は同じものが出来上がってくる保証はどこにもありません。
そしてサンプル縫製にしても本生産にしてもとにかく時間がない。仕様書の見積もりを間違えて、違う資材を送ったり足りなかったりした場合、改めて送りなおす時間すらなかったりします。

私が思うに、この2部署が最も神経をすり減らす過酷な部署ではないかと思う訳です。所詮人間のやる事ですからね、当然ミスが起きます。そのミスを可能な限り減らしてスムーズに生産に乗せるのが私の役割です。
本来であればパターンも仕様書も出来上がった時点で完璧であるべきです。そうすればわざわざアウトソーシングにお金をかけるという無駄なコストが減る訳ですから。

なんだけど生産管理は特に経験の浅いお若い方に全てを任せるのは酷な現場でもあります。大抵の小規模アパレルさんは人材も足りてない。そもそもの頭数が足りないのですよ。私の仕事はその隙間を埋める事です。
お若い方が育ってくれば、私の出番もそのうち必要なくなってくるのでありましょう。

この仕事とは別に、とある試験の採点業務も請け負っていて感じる事があるのですが、送られてきたダンボールから出した瞬間に「あ・・・これはダメだ・・・」というのが分かるんですよ。内容物が入っている袋の表書きを見ただけで、袋から出さずともわかる時もあります。逆もまたしかり。表書きを見ただけで「あ、これは私なんかが採点するのはおこがましい事だ」という時もままあります。
採点に限らずですが1本の線の引き方や文字の癖、アイロンの跡だけでありありとその方の人物像や物事への取り組み方が目に浮かぶことも。その人がどのように仕事に向き合っているのかが自然と現れるのだろうなぁと思う次第です。

もって生まれた向き不向きを語るのは好きではありません。本質的にはあまり向いていないのだけど、相当な努力をして技術を身に付けた方も少なくありませんから。
どんな人でもやれば出来るんですよ。要は向き合い方ですね。

と・・・こんなことをごちゃごちゃと考えつつ、我が身を振り返って「自分はどうだ?お前がもっと精進せにゃダメだろ」と自省しながらパターン引いております。

こんなことばっかやってるから作業が遅いんですよ・・・
作業が遅いというのは仕事においては一番の欠陥でもあります。
私の克服するべき課題はそこですね(;´・ω・)

雑談が過ぎました。さて仕事に戻ります。

関連記事

  1. 秋を呼ぶ花

    2021.09.24

    秋を呼ぶ花

    死人花、幽霊花、捨て子花etc・・・なんとも不吉な別称、怖いイメージの付きまとう彼岸花ですが、私は…

    秋を呼ぶ花
  2. 新作コートトワル

    2021.10.7

    新作コートトワル

    型紙屋navyplusの次回新作は11月に入ってから販売開始予定。重厚なコートにはちょっと早い。そ…

    新作コートトワル
  3. 2022.04.30

    バギーパンツのウエスト寸法調整方法

    バギーパンツのサイズについてのお問い合わせをいただき、取り急ぎウエストのサイズ調整をする場合のパタ…

    バギーパンツのウエスト寸法調整方法
  4. モーターサイクルコート的おすすめ生地

    2021.11.16

    モーターサイクルコート的おすすめ生地

    間もなく新作モーターサイクルコートの型紙を販売開始致します。その前に、このパターンにぴったりのおす…

    モーターサイクルコート的おすすめ生地
  5. タックワンピース的おすすめ生地

    2022.08.2

    タックワンピース的おすすめ生地

    1.コットン先染シャンブレー【AT1129】<おススメ!>微ストレ…

    タックワンピース的おすすめ生地
  6. 総プリーツスカート的おすすめ生地

    2022.03.31

    総プリーツスカート的おすすめ生地

    1.コットンツイル【RE3837】<おススメ!>まずはボト…

    総プリーツスカート的おすすめ生地
  7. バギーパンツ的おすすめ生地

    2022.04.30

    バギーパンツ的おすすめ生地

    1.10オンスインディゴデニム【1500-1】<おススメ!>※在庫わずか…

    バギーパンツ的おすすめ生地
  8. ティアードシャツワンピース縫製工程の別案

    2021.09.8

    ティアードシャツワンピース縫製工程の別案

    型紙屋NavyPlusのティアードシャツワンピースの縫い方手順にはこんなのもあるよ、という提案です…

    ティアードシャツワンピース縫製工程の別案

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


#型紙屋navyplus

さて。さてさて。
もうちょっと先になりますが新作でございます。
次回はまたしてもワンピースでございます。
いやね、本当はジャケットにしようと思ってたんです。なのですが…主に店主の都合によりもうちょいお手軽なものに変更しました。(理由は後述)

画像は布帛っぽいビジュアルですが、新作は秋冬のニットワンピでございます。
ニットワンピと申しましても、ダルダルユルユルのニットソーイングではございません。
かと言ってフォーマルちっくなアイテムでもありませぬ。

生地はポンチ系の低テンションニットをご用意下さいませ。
それも、出来ればあまり厚すぎず少し質の良い柔らかめのものが最高。

今回は出来るだけいろんな要素を削ぎ落として生地に仕事をしてもらう事にしました。←ニットの落ち感を利用してシルエットを作る。これ重要ポイント。

そして、ほんのちょっとだけ面白いパターンにしました。
パターンの面白みを最大限発揮するのであれば、ボーダーとかストライプ、もしくはチェック柄がおすすめ。
ニットなのでボーダーかチェックが現実的かな🤔
無地でも構造線が良いアクセントになって素敵な仕上がりに。

低テンションニットにした理由は、やっぱり万人に扱いやすい生地だからです。ロックミシンが無くても作れるし。
なので基本的には布帛とあまり変わらず直線縫い+縫い代ロック始末(ジグザグ縫いでも)という仕様。
なので普段からニット慣れしてる方ならテンション高めのニット+4本ロックでもOKです。

布帛でも作れないことは無いんですがね。ちょっとのっぺりした仕上がりになりそうな予感🙄

全貌はもうちっとお待ちを。

ここからは今後のお知らせ。
Instagramではチラチラと載せておりましたので皆さんご存知かとは思うのですが、最近フォロー頂いた方もおりますので改めて。

今年4月に脳梗塞で義弟が救急搬送されまして、只今絶賛リハビリ病院に入院中なのですが、間もなく退院するはず。たぶん。←健康保険では半年しか入院出来ないはずなので今月下旬退院のはずなんだけど、病院からはまだ何の打診も無いw

義弟氏の場合は重度の左半身麻痺に加えて高次脳機能障害も併発しているようなので、おそらくもう1ヶ月追加で入院させられるんだと思う。たぶん。よくわからんけどw
先生…何でも良いから時期だけでも早う決めてくれよ…

まぁそれは良いとして。
この義弟氏、ひとりもんなのですよ。嫁が居らぬ。
今現在、要介護度3。退院したところで一人暮らし出来ませんのでね、我が家で引き取る事にしたんですのよ。
まぁわたくしが引き取ると言ったんですがね。

あたくしはてっきり今月下旬に退院とばかり思ってたので、時間的にも重めの新作は無理だぞと思って、今回も気楽に作れるアイテムに変更した訳です。

というわけで、ニットワンピースをリリースした頃には退院の目処がついてるかと思いますので、リリース後はしばし義弟受け入れ準備期間を設けさせて頂きます。
発送業務とかは大丈夫よ。

そんでちょっと落ち着いたらその次の新作に取り掛かろうかと。
年明け1月か2月にはリリースを…という目論み。
今のところ、このようなスケジュール感で進む予定です。

あ、義弟氏ね、要介護3ですから、寝たきりでは無いです。あたくしより4歳年上ですが、甘やかす気も気を遣うつもりも更々ございませんw
あたくしの仕事はほんのり刑務所チックな監視と監督と指導w

いやー…本当はねぇ…
正直、身内ネタを理由に仕事の言い訳するのもどうかと思うんですよねぇ…
こういうやり方は好かん。
けど、介護も仕事もワンオペでこなす以上は、どこかで何かしらの不都合が出てくる。
何も言わずにお客様にご迷惑をおかけするくらいなら初めから全部土俵に乗っけちまって、生ぬるい目でユルユルとお付き合い頂ければこれ幸いかなと思う所存でございます。

なんせキーパーソンはわたくし。全ての決定権もわたくしの手中にあるので、親族を抑え込むのもわたくし…(´Д`)ハァ…

さすがに不測の事態すぎるわw
人生ってこんなにジェットコースターだっけ?w
...

288 17

PAGE TOP