大変お待たせしておりましたが総プリーツスカートの型紙販売を開始致しました。
印刷済み型紙につきましてはただいま印刷待ちのため、発送までに少々お時間を頂きます。4月に入りましたら順次発送の予定でございます。
何卒ご了承くださいませ。
お急ぎの方はDL版型紙をご利用くださいませ。

#型紙屋navyplus

何が何やらっていう絵面ですが、先日縫った裏付きカバーオールを分解中。

えっと………どんでん返しってイラストで図解すると単なる布の塊にしか見えないんですけど…ど…どうすれば良いっすかね…💧💧💧←イマココ

仕方ないので完成品を分解して観察中…
んー、やっぱり動画が無いと厳しいかなぁ…

返し口は何処にするのが縫いやすいかなーとか、どんでんじゃなくて袖口まつりにしたほうが失敗も少ないんだけどなーとか、あれこれ考えながら。

既製品の場合は返し口とか始末の仕方とかって言うのはあらかた定型があって迷うこともないんだけど、私の作る型紙屋navyplusのパターンというのは純粋な工業用パターンでは無いのよ。

工業用パターンというのは、数十着〜数百着単位で同じ服を流れ作業で組み立てる事に特化した型紙なのね。パターン自体も、工程表も、資材のチョイスから何から何まで。

これって、ホームソーイングにそのまんま落とし込んだ所でうまく行かないんだよねぇ。

「効率的に早く縫う」≠「既製品のように綺麗に仕上がる」です。ノットイコールなのですよ。
加えて、全てミシンで仕上げるのが素晴らしいとも思えないのですよ。(個人的見解なので異論は受け付けますw)

だからといって手間暇かければ良いってもんでもない。私は仕立て服至上主義者でもない。
個人的にはTPOでアイテムを変えるようにテクニックも使い分けるのが最良と思うけど。

このあたりのバランスをどうするのか、という所で毎回作業ストップするのよね…
ホームソーイングの肝はこのあたりにあるのでは?🤔などと愚考するわけです。

そしてテキスト作りながら毎回自問自答する。
「これ、誰に向けて作ってるの?」と。
テキストの類というのはね、万人向けというのは存在しません。この世に存在しないんです。
大事なことなので2回言っとく。

ビギナーの域を脱出したい人が出来るだけ行間を読まずに済むような、縫ったあとで疑問を残す事の無いような、ひとつ完成した後にはちょっとだけ進化出来てる事を実感出来るような…
そんなイメージで作業してます。

紙ベースのテキストはどうしても省略する箇所が出てくるから、そういうときは動画の方で補足してます。
…だから動画も無駄に長くなるんだよね…😅
わかっちゃいるんだが(笑)

カバーオールジャケットはテーラードカラーでもないし、ポケットは全てパッチなので、どんでん返しの入門としてはかなり縫いやすいんじゃないかなーと思います✨

あー、ほどいたとこ戻すの面倒くさいなぁ…一晩寝たら元に戻っててくんないかなぁ(笑)

#ハンドメイド大人服 #洋裁 #ソーイング #型紙販売 #パターン販売 #ハンドメイドジャケット #カバーオール
...

192 18

PAGE TOP